吉備国際大学 保健科学部 理学療法学科

佐藤三矢(ご挨拶&プロフィール)
介護予防エクササイズ研究
介護予防レクリエーション研究
コスメティックセラピー研究

古都式体操ヒストリー
古都式体操の内容
古都式体操をするには?

新聞への掲載
講演・講習会の実績
ご依頼の多い講演内容
お問い合わせ

佐藤ゼミについて
佐藤ゼミの活動
佐藤ゼミが求める仲間
ゼミ学生・関係者の声


柔道部 顧問
映画鑑賞サークル 顧問
Three TOP Arrows 顧問
老健 古都の森での学生指導

ゼミ学生・関係者の声
【学生の声】

Sさん

①研究テーマ
在宅生活の健常高齢者における介護予防体操に関する研究

②ゼミに入った理由
私は、卒業後に老人保健施設での就職を希望としており、高齢者に関する勉強・
研究をしたいと考えていました。そのような中で高齢者(特に認知症)の研究を専
門としておられた先生が佐藤先生でした。しかも体育教員の免許も取得されてい
るため、勉強・研究だけでなく精神面も鍛えていただけるゼミだと思ったため、佐
藤ゼミを希望しました。

③今後のキャリアビジョン
修士課程を修了したので、今後は博士課程に進学してフットケアに関する研究を行い
たいと考えています。また現在、私は老人保健施設古都の森におきまして、常勤
のPTとして勤務しております。将来は、この職場で効果的なフットケアの実践をで
きればよいと考えております。


Tさん

①卒業研究のテーマ
学生ユーザーのための新しい教材の開発(第2報)

②ゼミに入った理由
2年次の見学実習で老人保健施設を体験し、高齢者に対するリハビリテーション
に興味が湧いたから。

③今後のキャリアビジョン
岡山市内の老人保健施設古都の森に就職し、本ゼミ卒業生の末國先輩のよう
な「老健で颯爽と働く女性PT」になる。


Iさん

①卒業研究のテーマ
女性認知症高齢者に対するネイルアート介入に関する研究

②ゼミに入った理由
佐藤先生は、学生と同じ目線に立って物事を考えてくださり、心から尊敬できる
先生であると思ったから。

③今後のキャリアビジョン
岡山県内の老人保健施設に常勤PTとして就職し、社会人入学生として吉備国
際大学の大学院に進学し、更なる高齢者研究を実践したい。


Wくん

①卒業研究のテーマ:サイクリング動作時における股関節屈曲筋群の筋活動に
関する研究

②ゼミに入った理由:佐藤先生の人柄に惚れ申したぁぁぁ!!!

③今後のキャリアビジョン
岡山県内の老人保健施設に常勤PTとして就職し、社会人入学生として吉備国際
大学の大学院に進学し、高齢者の体力に関する研究を実践したい。


Yさん

①卒業研究のテーマ:サイクリング動作時における股関節屈曲筋群の筋活動に
関する研究

②ゼミに入った理由:佐藤先生は、高齢者を対象とした研究をされている先生の
中では、最もアクティブな活動をされていると感じたから。

③今後のキャリアビジョン
岡山県内に就職し、今後も佐藤ゼミの仲間と一緒に自分を磨きたい。


Kさん

①卒業研究のテーマ
学生ユーザーのための新しい教材の開発(第2報)

②ゼミに入った理由
2年次の見学実習で高齢者における理学療法に興味を持ったから。

③今後のキャリアビジョン
回復期病院における、脳卒中の高齢者のエキスパートになりたい。



【佐藤ゼミの良いところ】

★滅茶苦茶アットホームなところ!
★ゼミ生1人1人の個性を大事にしてくださる。
★学生が自由に使えるパソコンが設置してある。
★多数のアップデートなジャーナル等の雑誌を自由に閲覧できる。
★先輩・後輩の良い意味での「縦の固いつながり」がある。
★研究室に来やすい雰囲気がある。
★学生会長(末國 恵)の意見
佐藤ゼミでは「学習能力の向上が図れる」のはもちろんのことですが、一番は精
神面の向上が図れる場所であることが挙げられます。例えば、学生生活の中で
顕著に精神的に落ち込み、将来のことを不安に感じるのが実習です。その実習
終了後、モチベーションを向上させ、次回の実習を失敗しないための精神を養っ
てくれるのが佐藤ゼミでした。学生にとって佐藤ゼミは“オアシス”そのものです。



【これまでのゼミ生活の中で印象に残るエピソード】

★ゴルフやゼミ合宿といった学校外での行事はとても楽しかったです。
★興味のある研究について佐藤先生が一緒に真剣に考えてくださったこと。
★ゼミ合宿(旅行)や夜遅くまで卒論活動を頑張ったこと
★研究以外でも学生が困っていたら親身に相談にのってくださったこと。

私がまだ学部生の時、理学療法士を目指す学生としてつまらない発言をしたとき
や、保健・福祉に携わる人間としてふさわしくない行動をとったことがありました。
その時、先生に本気で怒られ、諭され、涙したことが数回あります。そのたびに人
間として少しずつ成長できたと実感しています。単なる「学生と近い感じのする先
生」ではなく、「本気モードで気持ちを学生にぶつけ、喜びあい、泣いてくださる先
生」は佐藤三矢先生だけだと私は思いました。


©2008 sato38.com. All Rights Reserved.